スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河口湖放流情報 

河口湖漁協のHPを見てみると、特定外来生物法に配慮と言うことで
放流の情報は公表しないとのことです。

では、どうやって放流について知るかと言うと、
漁協HPには、「釣果情報を留意してください。」との書いてあります。

しかし、その釣果情報を見てみると…
〔恐れ入りますが、一件も登録されていません。〕と出ています…

これでははっきり言って、アテに出来ませんよね…
仮に放流後に釣果情報がアップされたとしても、
それは釣果情報であり、放流後の情報です。
もう、既にたくさん釣られた後の情報かもしれません…

釣り人としてはやはり放流の予定が知りたい訳です、それにより例えば
「今週末に放流があるならば、河口湖に行こう!」になると思うのです。


情報が無いのならば、少し推理してみましょう!


来週末、4月8日(日)に河口湖では〔富士河口湖スプリングフェスタ2007〕が開催されます。
これは、今まで秋に行われていたJBのジャパンスパーバスクラシックで、
今年からこの時季、春に行われることになったものです。

クラシックと言えば、同時開催される岸釣り大会〔大きな大きなバス釣り大会〕ですね。
岸釣りでバスを釣って豪華商品をゲットぉー! …なんですが、
現状、岸釣りでの釣果と言えば????ですよね。

しかも今年は、競技エリアを湖岸及び遊歩道を徒歩で移動できる範囲に限定だそうで、
これは、外来生物法にて、バスを道路に持ち出すことが禁じられているからだそうです。

年に一度のこの大きな大会、主催者としては来てもらった釣り人に
イイ釣果を残して帰ってもらいたいのではないでしょうか?
しかも漁協としては5月にワーム禁止となるので、
その影響で減少してしまうであろう釣り人を引き止めるべく、ここで
〔釣れる河口湖〕を印象付けたいのではないでしょうか?


そういった事から、近々放流があるのではないかと思います!

早ければ一般の釣り人が多く来る土曜・日曜に合わせて、
遅くてもクラシックのプラクティスが始まる前の来週前半ではないでしょうか?

そして放流場所は、会場となる小海公園を中心に、そこから徒歩で移動できる範囲として
寺下や黒岩ワンド、さかなや横のスロープなどでしょうか?



と言うことで、今週末の河口湖は熱くなるかも知れませんね!

しかも来週の前半は大潮の潮周りで、プリスポーンの第一陣の
ビッグママたちがシャローにやってきます。


今年最初の大チャンス、放流で数釣り記録を作るか?
ネイティブで大きさの記録を作るか?

今週末は河口湖集合です!





続きを読む

スポンサーサイト

今週も出ました!河口湖で50cmアップ 

…って言っても、今回も私の釣果ではないのですが…(爆)


私はいつもお世話になっている、河口湖の〔さかなや〕さんにてお手伝い…

レンタルで出しているアルミボートのデッキの張替え作業です。

この船、昨年の夏過ぎあたりからフロアーのふにゃふにゃ感が気になりだしたものの、
実用にそれ程問題ないのと、人気艇のため長期の修理に入れなかった(?)ので、
今頃のオフシーズンの修理となりました。

そして最近、まもなくのシーズンインの前に重い腰をあげ(?)
デッキの張替えと言う大掛かりな作業となりました。

とりあえず今あるデッキを全部取り外し、素の常態からデッキを作り上げることに…

アルミボート修理 ここまでデッキを剥がし、再びデッキを作ります。



アルミボートにデッキとカーペットを張るのは日本の独特のものだと聞いたことがあります。
海外では素のまま、もしくはスノコを置く程度だそうです。

なので、日本に輸入されたアルミボートは、たいていショップなどの手により
デッキの取り付け加工が施されるのです。

私は友達のボートなど、いくつものデッキ加工されたボートを見ましたが、
これが、各ショップにより加工のコンセプトのようなものが違いがあり、個性があります。

例えばアルミボートの場合スピードを求めると軽量化はかなり重要なので
軽く仕上げるため骨組みとなるアングルを2㎜の薄めのものを使ったり、
逆に重さを犠牲にしても強度を出し、耐久性を出すために5㎜の厚めを使ったり…。

ライブウェルやストレージの配置なども個性があります。

もちろん、上手さ下手さもありますしね…。

まぁ、理想を言ったら人それぞれ好みがあるので結局は
自分流にデッキをカスタムすればいいと言うことになりますけどね…。


このレンタルのアルミボートも□□□が○○○で、×××が△△△で…。


デッキを剥がしてみると、やはりフロアー部分の板はボロボロ
水分をかなり吸って限界に達しているようでした。

やはり、一般の釣り人のボートの使い方とこのように
業務用としてレンタルされているボートとでは、
比べ物にならないほどに耐久性といった面で差が出るものですね。

レンタル艇はカバーも掛けられずに桟橋に係船ですからね、傷みも激しいです。


アルミボート修理 そんなわけで、さかなやさんのガレージにて作業開始…

まずは一番大事な大元のデッキから…
(このデッキの上にアングルを組み、フロントとリアのデッキを作ります)
丸鋸・ジグソー・電ドリなどを駆使して耐久性を重視した15㎜厚のコンパネを
カットしていきます。もちろん現物合わせのワンオフです。

それにしても、電動工具ってとっても便利なものですね、作業がはかどります。


~それから数時間…~

太陽も傾き、やがて作業終了の時間に…

進捗率35%程度…

微妙…

また来週かなぁ?



作業の片付けをしていると、なにやらデカイ魚を釣ったので見においでとの電話が…
早速行ってみると、ライブウェルにはこんなビッグフィッシュがぁ!

IMG_3659.jpg 
〔夜釣り〕じゃないですよ、片づけをしていたらこんなに暗くなってしまいました…

IMG_3661.jpg 54cmありました。

釣り人は、さかなやボートの元スタッフの〔スケちゃん〕です。

場所はこの時期、プリスポーンのバスが上がって来そうな、
いかにもといった感じのエリアで、点在する岩にルアーがコンタクトした時に
バイトがあったそうです。(ルアーは○○○○→ハードルアーです)

IMG_3662.jpg 愉快な仲間達…
左がこのバスを釣ったスケちゃん、右が近所の釣り仲間のコバちゃん、2人ともJBプロ…




最近の河口湖、なんだかビッグフィッシュレイクになっていますね。
確かに簡単には釣れないと思いますが、
出ればデカイ、釣れればデカイといった感じですね。
しかも、ワームではなくハードベイトで釣れています。


河口湖でビッグフィッシュを狙って釣る…今がチャンスかもしれませんよ!




出たっ!河口湖で60アップ!! 

…って言っても、私の釣果ではないんですがね…(笑)

先日、3月18日(日)に河口湖・さかなやボートを拠点に活動する
TFSガイドサービスのプロガイド、喜多野さんのお客さんが釣ったらしいです。
おめでとうございます。
詳しくは、TFSのホームページをご覧下さい。

しかし、61.5cm・4,500gって…  ヤバイですね…

このクラスのバス、泳いでいるのは見たことあっても、
百戦錬磨の相当賢いバスのはず、釣るとなるとかなり難しいと思います。

ビッグベイトで釣ったとのことですが、ここにキモがあるようです。
やはり、これを一日中やりきるぐらいの気持ちで釣っていかなければ、
出会えなかった魚だったと思います。

ワームの釣りでは出会えたなかったでしょう…。


いやぁ~、羨ましいです。






さてさて、日曜日の私の釣果はと言うと…

二日酔いでダウンしていました…(爆)
土曜の夜に、職場の人の送迎会があり、つい飲み過ぎ…

私の休日が…(←自業自得)



今回このような60アップも、誰にでもチャンスはありますからね!


東京で初雪観測、河口湖は… 

東京で初雪だそうです、ようやく…
平年より73日遅く、観測開始以来、最も遅い初雪だそうです。

73日って2ヶ月以上……。

今年は雪が観測されずに春が訪れるかと思われ、
なんだか寂しいと思っていましたが
ここに来て初雪、良かったのではないでしょうか?


春夏秋冬、四季の流れのある中で暮らすのですから
〔季節感〕は大事だと思いますね。


今回、東京で雪だったにもかかわらず河口湖はほぼ降っておらず、
例年あるはずの残雪も辺りにはまったくなく、
今年の冬の暖かさがうかがい知ることが出来ます。


そう言えば、ウグイスの初鳴きを先週聞きましたね、
「ホーホケキョ」って、まだ下手な鳴き方でしたけど…(笑)


桜の開花予想も先日出ましたね、それによると甲府で3月25日。
あと10日ほど… 早いものです…。
河口湖は甲府より標高が高いのでそれよりも後でしょうが、
例年よりも10日程度早いようなので、
今年の河口湖の桜はゴールデンウイークには完全に散ってしまっていそうです。

20070317002624.jpg ←桜の開花予想分布


「スポーニングは桜が咲く頃」と言いますが、
今年はバス達の動きもやはり早そうです。



〔季節感〕と言えば、この時期の強風…。
先週の日曜日(11日)には、春三番(?)ぐらいの強風が
河口湖に吹きつけ、白波を作り出していました。

私もせっかくの休日、釣りに出ようと思ったのですが、
あまりの強風に、いつもの〔ローボート+エレキ〕では危険と判断し、
出船を見合わせました。

命あっての釣りですからね…、

まぁ、出船したところで機動力のない船では釣りにならない常態だったと思いますがね…。



さて、今週末はどんな釣りができるのでしょうか…?


 激荒れの河口湖~さかなやワンドより~


IMG_3639.jpg 相変わらずの減水で干上がった葦も風でなびいています

続きを読む

確定申告へ… 

【確定申告】
申告納税をする者が課税標準や税額を確定するために、
一定期間の所得額や控除額を税務署に申告すること。
~三省堂・大辞林より~


普通に給料を貰って生活をしている人なら、給料明細の中に
〔源泉徴収〕という名目が有り、毎月いくらかの金額が
差し引かれているのではないでしょうか?

これは給料(収入)に対して毎年納めるべき税金を会社が先に
毎月の給料から差し引いているものです。

しかし、この差し引かれている金額と実際に収めるべき金額は
必ずしも一致するものではなく、ほとんどの場合は、
あらかじめ差し引かれている金額の方が多く、〔納めすぎ〕になっているそうです。

そこで、税務署に申告することによりこの〔納めすぎ〕を取り戻す事が確定申告なのです。

たいていの会社の場合、12月の給料などで
〔年末調整〕という名目となり戻ってくる様ですが、
私の勤める会社では、自分で税務署に赴き手続きをしなければなりませんでした。


そこで私は、納め過ぎてしまった税金を取り戻すべく、確定申告に挑戦しました…!

まず会社の経理の人に〔源泉徴収票〕を作成してもらいました。
それからパソコンを駆使し(?)申請のやり方をいろいろと調べ、
国税庁のHPへと辿り着き、ここで申請用紙を製作し、プリントアウトし準備しました。

製作した申請用紙(と、一応印鑑と振込口座の通帳)を持って、いざ税務署へ…

20070309004700.jpg 今年のキャンペーンキャラは〔ベッキー〕さん


税務署はこの時期とても混雑するとの事なので、
私は待つ覚悟をして午前中の早い時間に向いました。

税務署に着くと、やはり結構な混雑ぶりで、
いきなり駐車場待ちの列に並ぶ事となりました…。

しばらく待ち車をおき、受付の係りの人に聞き申請場所に向いました。
申請する場所では、申請書をHPで作ったことを伝え、
間違っていないか不安だったので一通りチェックしてもらうと、
あっさりと「OK」となり、そのまますぐに申請することが出来ました。

どうやら、税務署の人も毎年のこの混雑には慣れているようで、
申請する人が多い代わりに、それに対応するスタッフも多く、分からない事があれば
近くにいるスタッフの人に聞くことが出来たので、案外順調に進みました。

周りを見てみると、混んでいるのはこの場で申請書を書いている人や
商売をしていたり大きな買い物をしたり(不動産などの売買)などで
申請書が複雑な人達のようで、
私の場合、構えていた割にはあっけなく15分程で終わってしまいました。


さて、この申請が順調に進めば1~2ヵ月程で用紙に記入した
私の銀行口座に入金があるようです。
その金額、私の場合でイグジストが余裕で買える金額…! 
(本当にこんな額戻ってくるのでしょうか?)


この手続き、一見とても手間のように思えてしまうかもしれませんが、
戻ってくる金額を考えてみると
やはり申請した方が良いと思えるのではないでしょうか?


早く戻って来い来い、私のお金…(笑)



続きを読む

今日から3月! 

今日から3月ですね、ついこの間2007年が明けたと思ったら
もう、1年の1/6が経過…早いものですっ (>_<)

早いと言えば、今年は暖冬の影響か?河口湖も春の訪れが早いようで、
例年一部凍結するぐらいにまで下がる水温も今年は下がりきらず、
このまま春の三寒四温を繰り返し、温かくなっていきそうな気配です。


さて、3月と言えば何を思い浮かべますか?
ひな祭り・卒業式・春休み・転勤・ホワイトデー…

いろいろありますが、私は
〔芦ノ湖解禁〕(釣り人ですねぇ~) をまず思い浮かべます。


芦ノ湖は毎年11月いっぱいで禁漁となり(近年は12月の第3日曜までとなりました)
しばらくの禁漁の沈黙の後、翌年3月1日に解禁となるのです。

解禁日は、まさにお祭り騒ぎ…
禁漁のためプレッシャーのかかってない状態の魚達が本能のまま
ルアーへとタックしてきます!

私も以前、解禁数週間前の試し釣りに取材の手伝いで釣行した事があるのですが、
いかにもといった感じの教科書的なポイントにルアーを通す事で、いとも簡単に
50~60cmクラスのニジマスが釣れたものです。

釣り人側も久しぶりの芦ノ湖に気合が入ったもので、
この寒い季節に前夜からの車中泊は当たり前、
魚のためならウエーディングも寒くありません!? な常態…

以前の〔釣りバブル〕の頃の解禁日では人気ポイントは人がいっぱいで
自分の正面にしかキャストが出来ないような状態でしたからね… (^_^;)




私が中学生の頃、釣りを始めて通った芦ノ湖、私が釣りの基礎を学んだ芦ノ湖。

毎年、たくさんの魚たちが、たくさんの人たちに出逢い、
素敵な思い出をくれる場所が今年もOPENします。

今年、この湖は私達にどんな素敵な思い出をプレゼントしてくれるでのでしょうか?

IMG_1005.jpg



芦ノ湖漁業協同組合HP→http://www.ashinoko.or.jp/



IMG_3051.jpg

芦ノ湖と言えば海賊船と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

今年はもう少しでビクトリア号に変わり、新型海賊船ビクトリー号がデビューです。
20070301010334.jpg


続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。