スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマハ 9.9FWH 復活計画♪ 

とある方から譲っていただいたヤマハの〔9.9FWH〕

分かりやすく言うと、2ストの9.9馬力・L足・セルつきって感じです


IMG_8407_convert_200909280021561.jpg

コレを私のボートに取り付けようと思っているのですが…

FISH-12全体1

このエンジン、部品取り用になっていたため、動かして使うには
いろいろと足りない部品があったりするのです…

カウリングも割れているし…


それに、このエンジンはL足で私のボートはS足用…





さて、どうしましょ?





とりあえず部品が取られ、足りないのは…

まずはセルモーター ↓
IMG_8409_convert_200909280022232.jpg

プラグ ↓
IMG_8410_convert_200909280022533.jpg

燃料フィルター ↓
IMG_8411_convert_200909280023234.jpg

その他、エンジンストップスイッチ、カウリングも割れているために要交換です








まずは具体的に何の部品が足りないのか?
便利な便利なインターネットを駆使して探してみると…


ヤマハ発動機のHPから、部品の検索を出来る場所を見つけました♪
(ヤマハ発動機・部品情報検索)

IMG_8402_convert_200909280024556.jpg



すご~~く便利なトコを見つけちゃいました♪

一応、注意事項として
『パーツカタログはパーツの検索用であり、イラスト等は組立て用の分解図ではありません。
ご注意ください。』

となっていますが、ほぼ、必要十分な感じです♪




そこで…

プリントアウト♪

IMG_8398_convert_200909280024255.jpg


そして、適当に表紙を自分で作って…

IMG_8404_convert_200909280025357.jpg


100均でファイルを買ってきて、綴じれば…

IMG_8413_convert_200909280026358.jpg

立派なパーツリストの出来上がり♪

IMG_8415_convert_200909280026599.jpg




さてさて本題ですが、このパーツリストを使って欠品の部品を探し、
部品番号からパーツの価格をWebで検索すると…






出てきました、このエンジンを復活させるための値段が…


■とりあえず動かすためには

①プラグ @\410×2

②燃料フィルターASSY @\2670

③エンジンストップASSY @\3610

他、ボルト・ナット・ワッシャなどで約\8000


■トップカウルを交換すると

①トップカウルASSY @\32600


■L足からS足に交換すると

①ケーシングアッパー @\25800

②ガスケット・アッパーケーシング @\940

③パッキン・ロワーケーシング @\270

④シフトカムASSY @\3570

⑤ドライブシャフトASSY @\16500

⑥チューブウォータ @\1320

他で、約\49000


■セルを付けると

①スターティングモーターASSY @\44200




全部で 約\130,000!




工賃は自分で出来ると思うので \0 ですけど… 




ん~~高い!

ASSYでの交換も多いため、値が張りますね…





とりあえず考えます…(笑)



続きを読む

スポンサーサイト

23年前に書かれた貴重な資料を入手!? 

IMG_8341_convert_200909150205001.jpg

Copyright 1986

元々は今から23年も前に書かれた本です


IMG_8338_convert_200909150205582.jpg

ダグ・ハノン著 〔ビッグバスマジック〕

先日、知り合いの方に譲っていただきました♪


バスフィシングについて研究や理解の進んだ、本場・アメリカで
〔プロフェッサー〕と呼ばれる程に様々な角度からバスについて研究をする
ダグ・ハノン氏が書いた貴重な〔資料〕と呼ぶに相応しい本です!


IMG_8343_convert_200909150207424.jpg


IMG_8344_convert_200909150208155.jpg

↑ コンテンツ(目次)を見ただけでも、かなりそそられる内容であることが分かります♪


IMG_8340_convert_200909150207053.jpg


IMG_8346_convert_200909150208546.jpg

ライブベイトでビッグバスを釣る方法的な事も書いてあり、実はタイムリーだったり…(笑)


まだ、内容については読んでないのですけど…



普段目にする雑誌などでは、これ程までに掘り下げた記事を目にすることは
ほぼ無いと思いますので、この本は本当に貴重な資料となることでしょう



私もこの本を読んでビッグバスへ少しでも近づければと思います♪



続きを読む

セイラミノーをようやく… 


ジャッカルの静乱ミノー(セイラミノー)って、春に発売でしたよねぇ?


某ヤフオクでは定価の倍以上の高値が付いてたりしますが…


店頭で見かけましたか?(笑)


フィッシングショーではアンモナイトシャッドと共にジャッカル新製品の目玉のひとつとされ
雑誌でも大きく取り上げられて大注目の製品ですよね

開発者の山木さんのJB・NBCでのトーナメントの好成績を支えるマネーベイト的存在で、
〔動かないルアー〕という1つのジャンルを新たに築き上げ、そのあたりも注目されています




さて、そんなセイラミノーですが先日たまたま立ち寄った釣具店で発見!

しかも…
HLキンクロ / ゴーストアユ / シラス / コットンシャッド とカラー4色も有り!


大人買いは出来ないので(笑) どれか一色を…



普段の私的カラーセレクトでは、上記だとゴーストアユかシラスなんですが、
下の写真のコットンシャッドをチョイス♪
こんな感じのパッケージだったんですね?(笑)

IMG_8313_convert_200909100032241.jpg




実はセイラミノー、店頭で見かけたのはコレがはじめてでしたが、手元に2本あります♪


IMG_8316_convert_200909100033192.jpg

↑セイラミノー55S チャートバックパール
コレは、河口湖の八杭ワンドの水深1.5mからサルベージしました(笑)
リアフックのパラシュート部分が腐っていたので適当なものに交換済み





そして…↓
IMG_8318_convert_200909100034183.jpg

↑セイラミノー70S HLキンクロ
コレは、芦ノ湖のおおばボートで手伝いをしているときにお客さんに譲ってもらいました♪





セイラミノーを使った感じですが…

〔イイトコロ〕
・単純に釣れるところ
 下手なアクションをせず、投げて巻くだけ(?)で魚を寄せて釣れる
・サイズのわりには飛ぶところ
 キャスト時の抵抗となるリップがないのと重心移動でサイズの割には飛距離がでる
・着水から手元までルアーが見えるところ
 水面直下を泳ぐのでルアーの軌道やバスのバイトが目で見える


〔ダメなトコロ〕
・引き抵抗がほぼ無いところ
 だから〔泳がないルアー〕なんですと言われそうですが、ノーカンジですね
・ライントラブルが多発するところ
 ルアーに巻き抵抗がないのでどうしてもテンションの弱い状態でラインがリールに巻かれ
 ライントラブルが多発!ラインの素材や太さを工夫すれば大丈夫なんでしょうか?
・魚のサイズが選べない?ところ
 ナチュラルなエサっぽいせいか、元気な子バスやギルからバイトしてくるように思います




使い始めたばかりのセイラミノーですが、結構なお気に入り♪

一軍ルアーボックスに常駐は間違いないですね♪







トラウト用やシーバス用の発展もあるようで、今後のセイラミノーの発展に期待です!

○○を付けてみたり、もっと○○にしてみたり、○○してみたりもいいかと思いますよ♪



続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。