スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニーのアフターサービスが凄すぎっ♪ 



『ソニータイマー』


ソニー製品に内蔵されていると言われる、恐怖のタイマーです (笑)



私のデジカメ、2010年の5月に購入したソニーの 〔サイバーショット DSC-TX5
というモデルなのですが(以前こちらのブログでも紹介しましたね)


ついに、タイマーが作動し始めたようだったのです

・ ピントが合わない
・ シャッターが切れない


といった症状がたまにではあるものの、出始めたのです




最近では携帯電話のカメラ機能で撮影することも多かったのですが
やはりデジカメで写真を撮りたい時に、思うように使えないと嫌なので
先日修理に出しました








 ~ そして2週間程 ~








手元に戻ってきたデジカメを見ると…

DSC_0352.jpg

DSC_0355.jpg

新品じゃん♪ (笑)



指摘した以外の部分についてもキレイに交換・修理してくれたのです

私としては、本体機能に影響のない外観などの部分については
アウトドアで使うものですし、使い倒してこそとも思うので
傷や凹みなどがあっても全然気にしなかったのですがね


でもやはり、きれいになるとうれしいですよね♪






↓ これだけの部品を交換してくれたみたいです

DSC_0356.jpg

てか、シャッタースイッチの基盤と外装部分全部じゃん…



↓ 交換部品のリスト

DSC_0353.jpg


↓ で、料金はと言うと

DSC_0354.jpg

13600円となっていますが
購入時に、プラス○○%で延長5年保障的なものに加入していたので、0円でした♪




実は修理に出す前に、新品のデジカメの購入も少し考えていたのですが
私の求める防水性能やデザインなどを考えると、このソニーのデジカメの後継種か
オリンパスの製品ぐらいしか候補がなく、2万円ちょっとの出費も考えていたのですが
このように、外観ピカピカになったうえに悪い部分を直してもらって
そのうえ無料で戻ってきて、非常に感激しました♪


ソニーさんありがとうございました♪







 

続きを読む

スポンサーサイト

G-フォースハンドルをオマージュして… 


最近話題のエレキの便利用品  【G-フォースハンドル】


簡単に言うと、エレキの上げ下げの時にマウントのロックを解除するのに引っ張るヒモを
樹脂コーティングのワイヤーに替え、グリップ部分も純正の物の代わりに
特製の握りやすいグリップに換えようという商品です



こんな商品です ↓
G-フォース2


元々のマウントの純正のヒモは、それなりの物を当然使っているのでしょうが
紫外線による劣化や、酷使することによる摩耗などが原因で強度が弱くなり
エレキを上げる時に突然切れたりして、危ない思いをした人も多いと聞きます



G-フォースハンドルは樹脂コーティングのワイヤーを使うことにより“切れる”という
致命的なアクシデントを無くします
(まずこの太さのワイヤーなら、手で切れることはないでしょう…)

そして、伸びのないワイヤーにすることで、ロック解除にダイレクト感が生まれます

グリップ部分も人間工学に基づいたというエラストマー製(?)の大型グリップで
握りやすく、力も入れやすくなっています


こんなことから最近話題になり、人気の理由が分かります








さて、前フリが長くなりましたがこれからが本題です (笑)



こんなG-フォースハンドルを私も導入しようと思ったのですが、値段が高いです!!



日本のショップで購入すると4200円程度 (取り付け賃別)
本場アメリカのバスプロショップスで買っても34.99ドル… (こちら)


高いでしょう…
ジェラルドさん、取り過ぎですょ… (笑)




こんな金額、私には出せないので作ります!

G-フォースハンドルをオマージュして作ります!



パクリじゃないですよ… (以前こんなブログを書きましたが…)








グリップ部分は代用品が思いつかないので、はしょりますが… (爆)









直径4㎜の樹脂コーティングワイヤーを用意して… 

DSC06390.jpg






そして、そして…








ひとつふたつコツがありますが、ちょちょいと繋げて出来上がりっ♪



DSC06385.jpg


本家よりは少しワイヤーが固めですが、まぁ許せる範囲かと思います
そして、本家のワイヤーは赤色しかありませんが、こちらは青色です♪





値段的には、本家G-フォースハンドルに比べると信じられないくらい安くできます♪
(まぁ、グリップはそのままですが…)









私、 “so-match boat service” が工賃込みで
1000円ぐらいでやってもいいかなという値段です (笑)













これで安心して、エレキのマウントを引き上げられますね♪














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。