スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノリーズ・ダイラッカ発売! 


ノリーズからビッグスプーン 【ダイラッカ】 が発売されました (メーカーHP)

DSC_0698.jpg


食事に使うスプーンが偶然水の中に落ちて、それに魚が食いついて~
そしてそれがヒントになり、ルアーが誕生したというような話があるように
スプーンと言えば、基本中の基本の超ベーシックルアーです



そう言えば、私が初めて釣ったルアーもスプーンでした…




そんなスプーンですが、数年前にアメリカのバストーナメントで
ビッグスプーンを使ったプロが好成績を収めて、密かに注目されました

それを日本に伝えたのがBasser誌であり、ダイワのUSツアープロ・宮崎友輔氏です

ダイワからはその後、【D-スプーン】が発売され、Basser誌でも
河口湖で宮崎氏の実釣記事がありました


↓ 宮崎氏のD-スプーンの解説 (USAレイク・フォーク)





これにより、ビッグスプーンによるバス釣りのムーブメントが来るかと思われましたが
一部のを除いて、ビッグスプーンはフェードアウトの雰囲気になってしまいました…


そんな中、ビッグスプーンの可能性を感じて温めてきたのが、今回開発に関わった
河口湖のガイド足立貴洋氏です
(ブログはこちら→ タカヒロの河口湖ガイドで生きる道!!)



ま、近所の釣り友達なんで足立氏ではなく、足立君としますね(笑)

足立君、実は上記のBasser誌の河口湖のビッグスプーンの取材の時に
アシスタントをしていて、宮崎氏のビッグスプーンの釣りを間近で見て、
ロケ後にレクチャーを受け、その後、自分の釣りの中に取り入れていったようです


その後、本業のガイドでもビッグスプーンを取り入れ、ゲストに楽しんでもらっているようです





もう一人、ダイラッカの開発のキーパーソンとなったのが、dragon-AKIこと秋林義継氏です

私、秋林氏とも仲良くさせていただいてます♪

秋林氏と言えば往年の名ルアー、ドラゴンプリズマやアッキーメタルをはじめ
最近ではロコベイトブランドで、ドラゴンXバグやドラゴンスライダー、河口湖産スカルピン、
ゴリラジグなど、さまざまなルアーを世に送り出しています


それらのルアーは、一つ一つ職人・秋林氏の手により制作されています
緻密な作りで見た目にも美しく、まさに “made in Japan” 的なルアーです


コレクションにでもしたくなる見た目ですが、ルアーとしての機能も良く考えられていて
“釣れるルアー”です






□ ■ □ ■ □ ■






ノリーズ・ダイラッカ、先日発売となり売り切れのショップも続出のようです

JB/NBCのエコ認定品なので、トーナメントでも使えるとのことで
その事も注目の一つになっているようです







来るか? スプーンブーム?










最後に足立君と秋林氏の出演する、ダイラッカのプロモーション動画をどうぞ♪ ↓



↑ 緊張している様子です (笑)






続きを読む

スポンサーサイト

2013・夏休み釣行♪  ~後編~ 


■ day 3 ■

前編に続き、某リザーバーへの夏休み釣行3日目

DSC07450.jpg


まずは、キャンプ地とダムの途中で車を止めて…

DSC07448.jpg

湧き出ている、冷たい冷たい水で寝ぼけた顔を洗って、気合を入れます




DSC07451.jpg


本日も天気が良く、“釣り日和”ですが、天気が良いと発電のための減水が気になります





DSC07452.jpg

スロープを離れ、出発です♪




…そうそう、写真のようにこのダムは山奥の秘境的な場所のため
当然のように携帯(ドコモです)は圏外…

唯一ダムサイトは、かろうじてわずかな電波が入る程度なのです


DSC07455.jpg


一度スロープを離れて釣りに出て“何か”が起きてしまったら、きっと多くの人に
迷惑をかけてしまうと思うので、その“何か”が起きぬように無理・無茶をしないことや、
日頃のボートのメンテナンスなど気を配っておきたいところです


釣りをさせてもらえるダム湖は貴重です…





DSC07462.jpg

DSC07461.jpg

DSC07460.jpg

DSC07463.jpg


さてさて、今日の釣りものは…?






DSC07474.jpg

ワカサギ釣りです♪

DSC07456.jpg

いつもの芦ノ湖のタックルと仕掛けで狙っていきます




DSC07468.jpg

DSC07469.jpg

以前のブログで紹介した水温計も役に立ち、参考にさせられます







DSC07471.jpg

DSC07470.jpg

DSC07475.jpg

DSC07476.jpg

いろいろな場所を巡り、魚探を見ながら探していきます



DSC07477.jpg

暑かったので、時には足を湖面に付けて涼んでみたり…♪






しかしながら、釣れたのは

DSC07464.jpg

こんな小さなワカサギがちょっとだけ…


他の人に聞いたところ、例年の感じではまだ早いとのことで
ワカサギがまとまっておらず、釣りやすい水深にもいないのでは?とのことでした



そんな感じで、この日は終了です





■ day 4 ■





今日の釣りは、トローリングです

DSC07481.jpg


レイクトローリング、私はまだまだたまにやる程度の初心者で
他の人を参考に真似してやっているものの、実は釣ったことは無かったり…

ここらでそろそろ釣ってみたいのですがねぇ~


DSC07485.jpg

DSC07484.jpg

沖めをトロトロ…



DSC07486.jpg

遠くの山は、所々にまだ残雪があります (7月上旬です)
この雪が解けて、インレットに流れ込みます

DSC07488.jpg

DSC07487.jpg

岸沿いをトロトロ…


DSC07491.jpg

たまに、ジャバジャバしてみたり… (笑)



DSC07496.jpg

DSC07498.jpg

とあるワンドの入口に係る岬にて、待望のアタリが!










トローリング初ヒットの魚を慎重に寄せると (しかし簡単に寄ってくる…)

DSC07497.jpg

キャッチ出来たのは、小さなウグイ (笑)

私のレイクトローリング、初キャッチはウグイでした~ (苦笑)

ちなみに、ヒットルアーはスミスのピュア3g、シェル貼り仕様でした











その後、午後からは…

DSC07500.jpg

DSC07501.jpg

数あるインレットのひとつに上陸して、渓流釣りです


ロッド1本とルアーを少々持って、沢を登っていきます

DSC07507_20130904123058b84.jpg

DSC07505.jpg

DSC07506.jpg

30分程釣り上りながら、それらしい淵や瀬を釣って行きます


DSC07508.jpg



DSC07510.jpg

DSC07512.jpg

途中には残雪(雪渓?)があり、汗を流して沢を上ってきた私には
気持ちの良い冷たい水でした♪







DSC07515.jpg

DSC07522.jpg

この沢で遊んでくれたのが、この小さいながらもとても綺麗なイワナたち♪




DSC07502.jpg

ヒットルアーは、知り合いのMさんが作っているマーブルミノーでした
(マーブルインダストリー)

コーティングが厚く、ミスキャストで岩にぶつけたりしても、ビクともしません♪







DSC07514.jpg


まだまだ上流に行きたかったところですが、だんだんと道が険しくなってきたので撤収です



そして、今日の釣りは終了です





■ day 5 ■





5日間も釣りが出来る私は幸せ…♪

さすがに今日で最終日、バス狙いで湖を回っていきます




DSC07526.jpg

DSC07527.jpg

DSC07533.jpg

DSC07534.jpg


シャローを中心にバスを探していきますが、日々の減水の影響なのか?
ほとんどバスを見かけることは出来ませんでした




それでも、とあるインレット周辺で…

DSC07535.jpg

DSC07542.jpg

ナイスサイズのバスをキャッチすることができました♪

ヒットルアーは、ソウルシャッド68DDRでした





その後も、いろいろな場所を見て回ります

DSC07536.jpg

DSC07538.jpg

DSC07546.jpg

DSC07548.jpg


しかし、何もおこらず…







DSC07549.jpg

夏の暑い日差しを照り付ける太陽が、真上から少し傾いたところで、今日は終了です


家までの帰りがあるのと、帰りがけに用事があったので早上がりです






それに、スロープが気になっていたから…


DSC07553_201309092308478c0.jpg

前日あたりから、かなり気になっていたのですが、スロープのコンクリート部分が
連日の減水で露出してしまい、その下は砂と小石のため私の車では
ボート(トレーラー)を上げるのが厳しいのです


DSC07554_2013090923084637d.jpg

無題3

砂部分に車を入れてしまうと、FFの私の車にはトラクションの確保が厳しく
そのため、ギリギリコンクリートの場所で車を止めます (石で車止めも)





そして、そこからズリズリと…

無題1





写真はすでにボートがトレーラーに載った状態ですが

力技で載せました…





想像してください









大変でした…




降ろすのはまだ重力に逆らわずで良いのですが、上げるときは
重力に逆らって重たいボートを上げるので、大変です






無題2

写真で見る以上に、結構急な斜面なのです




AWDの車が、非常に羨ましく思えましたね







無題4


それから、駐車場で片付けをして楽しかったダムを後にするのでした





■ □ ■ □ ■ □ ■ □





今回も秘境の巨大リザーバーは、私をとても楽しませてくれました

5日間も大好きな釣りのをしましたが、とてもとてもその全てを把握出来ません



釣果? まぁ、いいのです

湖上で会った人は、ワームでそれなりに釣っていたようですが、私はそれは求めていません







『ここで釣りをしているだけで幸せ♪』的な感覚が、この場所にはあります


また来年も、そしてそれから先も、この幸せの場所があり続けますように…











続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。