スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラパラF-11 改 



徐々に春めいてきている今日この頃…



当然水の中も春めいて、バスたちも来たる春の
スポーニングに向けて準備していることでしょう




芦ノ湖育ちの私としては、春と言えば アレ の出番です♪



“グリグリ” っとやる アレ です♪




そう、ラパラの季節です♪♪






ラパラのオリジナルフローティングミノーにウエイトを張り付けて
サスペンドにして、グリグリメソッドで使う、春の釣りです




今回はそんなサスペンドラパラの作り方を紹介したいと思います



 ■ □ ■ □ ■ □ ■ □



まずは、フローティングラパラを用意して ↓

DSC02831.jpg

DSC02832.jpg

F-13がこの釣りには定番ですが、私はF-11を使います
飛距離は出ませんが、サイズ感が11の方が私は好きです

最近は釣具屋さんで新品があまり売っていませんが、
たまにタックルベリーなどで激安中古品を見かけると
“即買い” しちゃいますね (笑)



DSC02829.jpg

他に用意する物は、私の場合フックとリングを交換するのでそれを…
(ちなみに私はがまかつのトレブル21の#6をメインに使います)

それから、1.5~2mm厚の鉛シートとエポキシ接着剤などです





では、始まり~





DSC02833_201403312152440a5.jpg
↑ 既存のフックとリングを取り外して


DSC02834_20140331215243998.jpg
↑ 新しいフックとリングを取り付けます


DSC02847.jpg
↑ 水温12℃程の水を用意して、サスペンドの調整をしていきます
  ラパラの腹部に鉛のシートを重ね張りしていきます
  バルサ製ですので、かなりウエイトが必要ですょ


DSC02835.jpg
↑ こんな感じです


DSC02837.jpg
↑ エポキシ接着材で… (@100均)


DSC02839.jpg
↑ 貼り付けたウエイトを固定します


DSC02840.jpg
↑ 乾燥させて…


DSC02845.jpg
↑ 完成です♪


ウエイトを含めて、腹部にオレンジとか吹いても良いですねぇ



■ □ ■ □ ■ □ ■ □



このサスペンドに改造したラパラのキモは
バルサ製の超高浮力のフローティングモデルを
超低重心でサスペンドにしていること



リップで何かに当たってバランスを崩したとき
それが復元するときの動きがキモだと思います



春のシャローでリップをボトムや岩にガンガン当てながら
グリグリと巻いては止めを繰り返すと
きっと良い結果が出てくるでしょう…






続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。