スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新緑の芦ノ湖釣行 

最近なんだかこのブログは “○○を作る” 的な記事ばかりですねぇ?
だって、釣りに行けないんだもん…


月イチ程度の更新ですが?
だって、時間が無いんだもん…



日々のちょっとした事は、こちらのブログに書いてますので、よろしければどうぞ♪



■ □ ■ □ ■ □ ■ □



と言うわけで久しぶりの釣行記、芦ノ湖で釣りをしてきました~




初めに言っちゃいますが、大して釣れなかったです…





今回も、いつもの湖尻・おおばさんからのスタート

DSC08322.jpg

DSC08323.jpg


それでは出発~♪ 


DSC08324.jpg

と言うことで、 この時期の定番の “アレ” を探していきます

DSC08327.jpg

DSC08328.jpg

DSC08330.jpg

深良水門・七里ヶ浜・早川水門などを流していきますが
“アレ” の数はあまり多くなく、そして大きいバスも見えないので
キャストもせずに時間が過ぎていきます

途中で50cm前後のバスを何匹か見ましたが、どのバスも
クルーズしている状態で場所が定まらず、目が合うとそのままどこかに
泳いで行ってしまうバスでした…


ちょっとだけタイミングが早いようで、少し後のタイミングになれば
この釣りも楽しく出来たのではないかと思います





広範囲を見て回るも、そのうち風が吹き出して
サイトがあまりできなくなってしまったので、違う釣りに切り替えます

DSC08341.jpg

DSC08343.jpg

DSC08344.jpg

DSC08345.jpg

ワカサギの接岸を意識して、砂浜系シャロー周辺を
ステルスペッパーで釣っていきます


…が、何か違う感じ?


ちょっとパワーを落として、セイラミノーで釣るも…



…何か違う感じなのです







そこで、最近他の人が上々の釣果を上げている、アイウエーバーを使います

DSC08357.jpg





実はこのルアー、今まではなんだか苦手なルアーでした

キャストしてフワフワ漂わせたり、ゆっくりゆっくりリールを巻いて引いてくるなど
なんとなく使い方は分かってたつもりなのですがね…

そのスローな使い方が、どうも苦手でした…




しかし今回はその苦手を克服すべく、PEラインを組んだタックルを用意してみました




で、コレが大正解で
なぜ今までPEラインを使わなかったのかと思うほどでした♪




キモは、PEラインを風で流してルアーを引っ張ること

PEだと飛距離も圧倒的に出ます





風向きとボートポジションと狙うべきスポットを上手く計算して
ルアーを流していきます


DSC08348.jpg

DSC08351.jpg

DSC08352.jpg

DSC08354.jpg


急深のエリア、倒木やオーバーハングなどのカバー、風が当たっている場所など
いくつかの好要素のある良さそうなポイントを釣っていくと
45cmほどのバスが数匹ついてきて…


ルアーのほんの少し手前で見切る!


という、悔しい場面が何度もあったものの
フックアップには至らずキャッチ出来ませんでした


何かフォローかとも思ったのですが、このアイウエーバーの釣りが楽しくなってきて
次々に新しいポイントを攻めていくのでした




悔しい場面はその後もあったのですが、全て寸前で見切られ…





で、そんなで終了の時間となってしまいました

悔しい…

DSC08355.jpg

DSC08356.jpg





今回は、たまたま(?) アイウエーバーの釣り方を理解することが出来ました♪


風を読み、ボートポジションを計算してと、中々テクニカルですが
その効果は大きなものだと思います

ワカサギの接岸に伴う春の釣りだけではなく、年中使えそうな釣りなので
今後もウデを磨いて釣っていきたいと思います




私の釣りの引き出し、また一つ増えたかな?











スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。