スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利なボートクションを作る 



アルミボートなどで走行中、クッションが無くて痛くないですか?

DSC07019.jpg


レイクトローリングで長時間のアイドリング航行、お尻痛くないですか?

DSC07483.jpg



ということで、今回はそんな時に役立つボートクッションの作り方を紹介します

しかも、ワーム1パック程度の格安の材料費で出来てしまいます♪
(少し強引な展開… 笑)






まずは、ホームセンターなどで売っている45×45cmのクッションカバーを用意します
生地や柄、値段などいろいろ選ぶことができます  ↓

DSC08220.jpg


中のクション材は、お風呂マットを使います
60×85cmサイズを使用しました、一番安いもので十分です♪  ↓

DSC08221.jpg


コレをクッションカバーのサイズに合わせてカットします  ↓

DSC08226.jpg

単純にマットを4等分ではなく、クッションカバーに合わせたものを2枚と
その1/2サイズの物を2枚作ると、マットが無駄なく最大限使えます



そしてそのマットをカバーの中に入れます  ↓
(1/2サイズ2枚を1サイズで挟む感じです)

DSC08229.jpg


と、こんな感じで簡単にボートクッションを作る事ができました♪





これからの寒い時期は直接座るよりもコレを使った方が寒さを伝えにくく
とてもありがたいですょ


ボートだけではなく、お花見やバーベキューなどの時も良いクッションとして
活躍してくれそうです





また、釣りの時は車のラゲッジに積んだエレキやバッテリーなどかさばる荷物の
緩衝剤代わりにもなってくれて、何かと便利なボートクッションなのです






ひとつ作ってみてはどうでしょうか?










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。