スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モヤモヤな買い物 


先日のこと、なんだかモヤモヤな買い物をしてしまいましたので聞いてください




釣りのネタじゃないのですがね…











私が使っているシェーバー  (パナソニック ES-GA21)

DSC09660_convert_20150430202544.jpg

「なんだか最近剃れないな~、そろそろ刃を変えないといけないかな?」 
なんて思いながら、某アマゾンのサイトを覗いて対応する替え刃を探すと
外刃と内刃のセットで定価6,000円のところが、およそ3,500円

DSC09671_convert_20150430203736.jpg

およそ2,500円off
それ自体高いのか安いのか、よく分かりませんが… (笑)

その後、レビューなどを見ていると、同じ刃を使ったシェーバーが
およそ2,800円で売っていることが分かりました??







…ということで、シェーバー本体買いました♪ (笑)
(パナソニック ES-RL13-K)
DSC09661_convert_20150430204748.jpg


替え刃の購入ついでに、持ちの悪くなった内蔵バッテリーも購入です
 ↓
s.jpg




さて、それではこれらを交換していきます♪





新品ですので、当然箱を開けるとこんな感じです ↓

DSC09663_convert_20150430205852.jpg

DSC09664_convert_20150430215725.jpg




外刃・内刃を取り外します ↓

DSC09670_convert_20150430210104.jpg


新しく買ったシェーバーの内蔵バッテリーが
今まで使っていたシェーバーのバッテリーと同じなら
使えてラッキーかなと無駄に思いながら、本体をバラします
 ↓

DSC09668_convert_20150430210600.jpg


さすがに違うバッテリーでした…
ニッケル水素電池リチウムイオン電池の差は価格差からなのでしょうか?
 ↓

DSC09666_convert_20150430211016.jpg


モーターは、ミニ四駆のモーターみたいなものでした (笑) ↓

DSC09669_convert_20150430211201.jpg


さらに分解すると、全部でこんな感じの構成部品でした ↓

DSC09672_convert_20150430211627.jpg




そしてこれらを…





燃えるごみ! と

DSC09674_convert_20150430211830.jpg

燃えないゴミ! に分けます!!

DSC09675_convert_20150430211952.jpg




え~~~っ ゴミ…












それから、今まで使っていたシェーバーを分解してバッテリーを取り出し
購入したバッテリーとを入れ替えます ↓

DSC09677_convert_20150430212420.jpg

あとは、刃を交換してクリーニングして完成です♪

DSC09679_convert_20150430212802.jpg

内蔵バッテリーと内刃・外刃がリニューアルされました
快適な切れ味とバッテリー作動時間になり
これからもまだまだ長く使っていけそうです♪











それにしても、内・外の替え刃セット(約3,500円)よりも
本体一式セット(約2,800円)の方が安いって、一体何って感じです


本体価格を安くして買いやすくして、消耗品(替え刃)を買わせるという
販売戦略的なものなのでしょうけどね



なんだかモヤモヤした買い物になってしまいました



ましてやこれが、エコとかなんだかって言っている企業の製品だったら
「それはエコじゃなくてエゴでしょ!」ってツッコミたくなりますね…






同じようなシステムとして、パソコン用のプリンターとインク
洗剤やシャンプーの本体と詰め替えなどがありますが
いずれも 「なんだかな~」 な感じです











でも、結局は安い物を求める消費者がいるからこうなるのかなぁ?







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。