スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某ダム湖で52cmのニジマス?スチールヘッド? 

「じゃぁ、また今度釣りいこうねぇ~♪」

そんな会話の〔また今度〕っていつになったら訪れるのでしょう?
大抵の場合、訪れることの無い〔また今度〕になってしまうのではないでしょうか…?



先日一緒に芦ノ湖に釣行した、幼馴染のA君ともこんな会話で終了したのですが
〔また今度〕は幻となりかねないと思ってしまったので、半ば無理やりに(笑)
私のオフの日に一緒に釣りに行くことを打診…

A君も幸いにも休日で予定が入っていなく、約1週間後に今回の釣行が実現しました♪



芦ノ湖はこないだ行ったので、じゃあ別の場所ということになったのですが
他に丹沢湖・河口湖・山中湖 etc..

いろいろと場所を悩み、結果的には「どうせならあまり行かない場所へ」ということになり
私のボートを持ち出し、某ダム湖へ行くことに…


このダム湖、そこそこの広さでしっかりとしたスロープがあり、
エンジンの使用もO.K.な貴重なダムです

ただし、バスが釣れるかどうかは未知数で、私は2度3度行ったことがあるのですが、
今のところバスはキャッチできず…(笑)



「数は少ないけど、居る」という話や、以前(かなり前ですが)上流にある別のダムで
私自身がバスを釣ったことがあるので、きっと居るのではないかと、
淡い期待を抱いてしまうのですが…


私が下手で今までバスをキャッチできなかったのでしょうか?
それとも、バスは入っていないのでしょうか…?わかりません




 □ □ □ □ □ □ □




そんなこんなで場所が決まり釣行当日、A君を途中でピックアップし、某ダム湖へ…


前日は結構な雨で心配したものの、当日は日ごろの行いか(?)晴天に恵まれました♪

DSC00592.jpg

雨の濁りもスロープ周辺ではそれほど感じず、いざスタート♪

DSC00594.jpg


私は最近お気に入りの、ティムコ・ステルスペッパーを結び…

DSC00543.jpg

状況も何も分からないので、とりあえず流れ込みとその周辺の岬からチェックしていきます




すると、なんと1投目から30センチほどの魚影が迫ってきました!
しかし、バイトには至らずに去っていってしまいました…

細長い魚体とその泳ぎから、鱒族かと思われます

再びその魚影は姿を見せることはなく、私たちは次なる魚を求め、キャストを続けます




釣れそうな、良さそうなポイントが続くのですがねぇ~

DSC00596.jpg

DSC00597.jpg

DSC00598.jpg

DSC00599.jpg


私がその後、ミノー・スピナーベイト・スピナーなどをキャストし
A君はワーム類を中心に釣り流していきます


すると、とある流れ込みで私のスピナーでヤマメがヒット♪

DSC00600_r1.jpg

ち、小さいですけどね…(汗)
大きくなってまた会いましょうとリリース…(笑)






上流部へ遡ると濁りが入ってきてしまい、ちょっと釣れない感じになってしまいました

DSC00602.jpg

DSC00603.jpg

DSC00609.jpg

雰囲気はいいのですが、この濁り…
芦ノ湖育ちの私にはマッディーな水は苦手ですね、ましてや雨によるこんな濁りは
釣れる気がしません(汗)




さらに上流部へ行くと堰があり、その上流から白濁りの水が勢いよく流れ込んでいました

DSC00611.jpg

ここで行き止まりです



前回釣行時は水位が高く、この堰の上流にも行けたのですがね


IMG_8814_convert_20100714212637.jpg

IMG_8824_convert_20100714212735.jpg

↑ 前回行けた、堰の上流部の様子




その後、私はスピナーでオイカワをキャッチ♪

DSC00612.jpg



オイカワコイはシャローで結構見られるのですがね、バスは…?

流れ込みでマスのチェイスがあったりしたのですが…








ふと、釣り流していくと岸辺に視線が…

DSC00613.jpg

いっぱいにズームしたのですが、分かります?
国の特別天然記念物ニホンカモシカです

不思議そうに、じっとこちらを見ていました






ずっとワームでバスを狙って何も釣れていなかったA君が
ハスルアーに変え、流れ込み周辺を狙っていると…


別のところにキャストしていた私の背後からA君のドラグの音が!
それまで私が釣っていた小さなヤマメやオイカワとは明らかに違う
そのロッドのしなりとドラグの音、明らかに大きな魚です!


周辺の立木にラインを巻かれないようにボートポジションを移動し、
私もアシストしていきます

DSC00617.jpg

DSC00618.jpg

ランディングネットを積んでいなかったので、ことさら慎重に寄せてきます


…私はランディング手伝いませんよ、
だってそれでバラシたら…責任重大じゃぁないですかっ!



ということで、A君自らランディング

DSC00619.jpg


で、ボート上に上がってきたのは…



なんと…

DSC00621.jpg


予想外の大きさのニジマス!


DSC00622.jpg

↑ 52cmの、超~キレイな魚体です♪
ヒレピンの、流線型のその魚体はとても美しいです



DSC00623.jpg

A君もニコニコです♪


これもso matchガイドサービスの名ガイドのおかげでしょ♪(爆)








その後、調子に乗った釣り人は怖いものです…(笑)
 
完全に魚がバスだと思った場所とアタリの出かたで、正直私は焦りましたが
バスではなく、60cm程のコイをヒット!

DSC00625.jpg

たくさんいるのに、狙っても私には釣れなかったのに…(笑)






それからは、〔2匹目の…〕を狙って何ヶ所かの流れ込みを狙ってみたものの
そう簡単には釣れませんねぇ~(笑)







A君は嬉しく、私は悔しく(?)今回の釣行は終了となりました

いやぁ、今回はほんとやられました…
前回のリベンジをしてやられた感じですね



DSC00627.jpg



結局?やっぱり?バスは釣れませんでしたが、とても楽しい1日を過ごせました♪
デカいマスがいる事が分かったので、今度はコレを狙いに再び訪れたいですね♪


今回釣れた52cmの魚、てっきりニジマスかと思っていたのですが
とある方に写真を見てもらったらスティールヘッドではないかと言われました


スティールヘッド? スチールヘッド? steel head? stealhead?


私は詳しくは知らなかったので、少し調べてみると

ニジマスはニジマスのようですが、普通の(?)ニジマスは陸封型に対し、
スティールヘッドは降海型のニジマスの事を言うらしいです


「でもこの釣り場はダムだから降海もないでしょ?」
と思うかもしれませんが、そういうわけではなく
元々の種が降海型のニジマスだと言うことみたいです


普通の(?)ニジマスとの違いは、若干頭が小さく体型が細身で鱗が荒い程度で
色彩についても環境によって違うため、区別し難いようです


近年では養殖されたスティールヘッドが各地の管理釣り場で釣れるようで
その引きの強さなどから人気とのことです



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://somatch.blog92.fc2.com/tb.php/102-38d04617

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。