スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッテリーの可能性 ~鉛バッテリーって重たい!~ 

バスフィッシングに使うバッテリーと言って、1番最初に思い浮かぶのは
ボートに使うエレキのバッテリーではないでしょうか?

しかしこのバッテリー、昔から『重たい!』とよく言われたもので、
運搬やストレージへの出し入れで腰などを痛めた人も多く、
『重たくないバッテリーを誰か発明しないかな?』なんて事を
1度は考えた事があるのではないでしょうか?


DSC02718_20110527213353.jpg
↑ 代表的なエレキ用バッテリーのボイジャー(M27MF)の場合、
その重量は約24Kgありますからね… (鉛バッテリーですから…)



最近、私はブログでバッテリーについて書いたので(これこれ)
興味がわき、少し調べてみると…

この鉛バッテリー、“昔ながらのバッテリー”のようですね

今どきの、バッテリーと言えばハイブリッドカー(HVやPHV)や
電気自動車(EV)に使われているリチウムイオンバッテリーではないでしょうか?
(東芝のSCiBも注目されているようですが…)


あまり深く調べていないので(汗)詳しくは書きませんが(笑)
電気自動車を約200km走らせてしまうパワーとスタミナがあるのです
(日産リーフ・JC08モードの航続距離、メーカーHPより)

単純に、本当に単純にこのリチウムイオンバッテリーを
ずっとコンパクトにして、容量を減らしてボイジャーなどの
鉛バッテリーに替わるような物にしたら、軽くて容量の大きい
バッテリーが出来上がるのではないでしょうか?



ただ、このリチウムバッテリー値段が高いのがネックなのです
ボイジャーバッテリーの代用のものが出来たとしても、
とても1万円や2万円では買えないでしょう

EVや、そしてこの夏注目の(?)家庭用蓄電池などの普及により
その量産効果で、それなりに価格は下がると思いますが…



・重いけど安価な鉛バッテリー(ボイジャーなど)
・軽いけど高価なリチウムイオンバッテリー

あなたならどちらを選びますか?












バッテリー(二次電池)について、もっと詳しく知りたくなったので
先日本屋でこんな本を買ってきました

DSC02964.jpg

DSC02965.jpg

定価¥2300の高級な本でした(笑)

ですが、忙しくてまだ全然読めていません


“本を買ったこと”に満足しないでしっかりと読みたいと思います!





あぁ、また読めていない本が増えていく…
IMG_8350_convert_20110527230654.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://somatch.blog92.fc2.com/tb.php/126-00ee8ce0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。