スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキの入れ替え 


私がボートで使っているエレクトリックモーター(以下エレキ)
去年あたりからプロペラを回していると、カタカタと異音がするようになってきました


懐かしのエビンルード、年期の入ったエレキ 【BFL4TS】 です

DSC06261.jpg

DSC06264.jpg

24V・56lb.で2×3段切り替え、シンプルな作りゆえ軽量で信頼性が高く、
レンタルボートからアルミボートなどにはピッタリです

“お弁当箱”とも称される(?)ヘッド部分とクランクされたシャフト部分が特徴的で、
芦ノ湖や相模湖・津久井湖などの老舗レイクではいまだに愛用者が多くみられます







私のこのエレキ、某河口湖在住の現役JB・TOP50プロが昔々に使っていた
由緒正しい物で(?)私の手に渡ってから10年は経つかと思います






その間、こんな修理もしました ↓

IMG_3078.jpg

IMG_3079.jpg

IMG_3080.jpg

動かなくなってしまったので、モーター部分を開けてみたらビックリ!

完全に “死亡” な状態だったので、別のエレキからモーター部分を移植して、
自力で2個イチにしました♪






いぶし銀的な輝きをもった、お気に入りのエレキでしたが寄る年波には勝てず…
(たぶん20年選手?)






そこで新しく用意したのがこちらのエレキ ↓

DSC06267.jpg

DSC06266.jpg


…同じじゃん?



いえいえ、 【BFL4TS】 が 【BF4TK】 になりました~ (笑)



シャフト長が42inだったものが36inになったぐらいですが…





  ☆   ☆   ☆





そんな感じで新しい(?)エビンのエレキを使っていこうと思っていたのですが

友達から「知り合いがエレキを換えるんだけど、古いの要る?」的な話があり
格安だったので、モーターガイドのツアーのTR-82を衝動買いしちゃいました♪

DSC06279.jpg

DSC06280.jpg

DSC06283.jpg

↑ パワードーム付き



DSC06345.jpg

↑ 取り付けるとこんな感じです


…ん? この写真で何か違和感を持った方は、スルドイ!




















DSC06347.jpg

↑ マウントレスだったので、マウントはそのままエビンの物を使ったのです


DSC06281.jpg

↑ 締め付け部に薄いゴムを挟むと、問題なく使えます

華奢なMGのマウントより、逆に丈夫で良いかも…♪











ということで、エビンのエレキは故障時などのストック用として保管となり
新しい相棒のエレキはTR-82となりました♪












そういえば私、このストック用のエレキを含めて部品取りや何だかんだと
エビンのエレキを10台ぐらいストックしているのですが… (爆)




どなたか必要な方いますかぁ? (笑)











今回エレキが替わりましたが、実はエンジンも結構前に替わっているのです…





以前は、某・山木一人氏から譲り受けた(?)ジョンソンのエンジンでしたが

IMG_7330_convert_20130331230057.jpg


DSC04196.jpg

リコイルスターターのフライホイールに接する部分が削れてしまい、使用不能に…


DSC04198.jpg


釣りに行った時にいざエンジンをかけようとして噛み合わなくなってしまったので、
直接フライホイールにロープを巻きつけ始動させることになり、あせりましたが…








その後、程度の良いヤマハの V-MAX Jr. を入手することができ、使っています


DSC04213.jpg















私のボート、ヤマハのフィッシュ12なのにV-MAX Jr.9.9(改・船検上は回転制限有)と
MGツアーの82lb.スラストのエレキ…





完全にオーバースペックですね…(笑)






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://somatch.blog92.fc2.com/tb.php/173-41b98606

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。