スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芦ノ湖・バスの人口産卵床 


3月も終わり、春めいてくるとバスたちの “ アレ ” の季節ですね




“ アレ ” って、言っちゃえばスポーニングですけどね…





日本でバスが遊漁の魚種認定されている湖は4つ

芦ノ湖・河口湖・山中湖・西湖 です

DSC00122_convert_20150331215801.jpg

魚種認定されているという事は、釣り人は釣りをする前に
遊漁券(釣り券)を買わなければならないという事で
逆に漁協側からすると、その魚種に対しての増殖の義務があるという事です


釣り人が遊漁券を買うから、その分放流などをして下さいという事です

ワカサギやニジマスに例えると分かりやすいかもしれませんね




さて話をバスに戻し、ではバスの場合はどうなのでしょうか?

河口湖・山中湖・西湖についてはバスは成魚放流があります

芦ノ湖については10年以上前(バスバブルの頃?)から放流はありません
では、芦ノ湖は遊漁券の対価(?)は何をしているかというと
【増殖】 をしています





今回はこのことについて少し紹介してみたいと思います

芦ノ湖ではバスの人口産卵床を設置しています
これによりバスの増殖に努めているのです



カゴの中に小石を敷き、ロープにブイを付けて湖に沈ませたりして
バスが産卵床を作りやすい環境にして、増殖を促しています


湖の一部にこのようにブイを浮かべたバスの人口産卵床を設置しています
 ↓
IMG_7751.jpg

IMG_7753.jpg

IMG_7752.jpg

IMG_7743.jpg


この人口産卵床、水面下はどうなっているかというと…

以前に、この人口産卵床に産卵して守っている
バスの動画を撮ったので、見て下さい
 ↓



私が撮影しているカメラを目で追い、気にしつつ
自分よりかなり大きな鯉に対しても動じず、産卵床を守るバスです



この人口産卵床の設置により、どれだけのバスの増殖効果があるかはわかりませんが
この画像のように実際にバスが産卵をしているものをいくつか見ているので
プラスにはなっているのは確かなようです


なんだかんだ言っても、貴重なバスという資源です
これからスポーニングの時期になり、どうしてもサイトができて
釣りやすいバスをねらいがちになりますが、ネストのバスは
そっとしておいてあげてもいいのではないでしょうか?





さてさて、
もう少しで楽しいバス釣りのシーズンの始まりですよ~♪









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://somatch.blog92.fc2.com/tb.php/206-5f395c2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。