スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリン税の暫定税率の期限切れで… 

今、TVなどで話題のガソリン税の暫定税率の期限切れの影響で
軒並みガソリンの店頭価格が下がっていますね…

その影響はもちろんこの河口湖周辺でも出ている訳で、
近くで安そうなガソリンスタンドを調べてみると、ありました!
リッター120円!!
IMG_5627.jpg

4月以前の価格と比べるとかなりお得感が出ていますね♪


気になるそのガソリンスタンドの場所は、道の駅富士吉田近くの
国道沿いにあるセルフのガソリンスタンドです。

表示価格は122円となっていますが、〔現金会員カード〕があれば(無料で簡単に作れます)
リッター2円引きとなるので120円となるのです♪

このガソリンスタンドは元々安かったのですが、
この価格だと多分このエリアでの最安値だと思います。


バスボートなどタンクの容量が大きい給油ではかなりの違いですね♪


☆ ☆ ☆ ☆ ☆



しか~し、この暫定税率の期限切れでガソリンが安くなることは、
素直に喜べることなのでしょうか?

政治家の人たちが自分達の利権などを守るために我を通した結果、
時間切れで(期限切れで)このようになってしまったのではないでしょうか?

そのため、当然準備期間なども当然無く、現場の混乱は必至で
ガソリンスタンドのオーナーさんとかがかわいそうですよね…

ただでさえコスト高で大変そうなのに…



それから、このガソリン税の暫定税率前(値下げ前)の
高い税率の収入を見込んで『取らぬ狸の皮算用』
予算を組んで道路整備をしようとしていた地方行政は、ダメダメですね~

仕方ないといえば仕方ないのですが、見込んでいた収入が無いので、
軒並み計画は凍結の方向になっているようです。



私の身近な所でも、私の実家の箱根で国道138号線の
乙女トンネルの補修工事が凍結となったと聞いています。

このトンネル、御殿場方面から芦ノ湖に行ったことがある人なら分かると思いますが、
昼間でも暗くて、所々に水漏れがある古いトンネルなのです。
昨年辺りから補修作業が行われていたのですが、大丈夫なのでしょうかね?





最近の日本の政治と経済はなんだか先行き不透明で困ったものですね~



スポンサーサイト

コメント

議論すべきことがあったのに

地方道路の要・不要や国交省のレクリエーション費などというスケールの小さな議論ばかりで、温暖化対策や税収構造の見直しといった本質的な議論が全く行われなかったのは非常に残念です。
反対することに意義がある民主党はともかく、当初暫定税率の廃止は環境対策とセットでなければならないとしていた泡沫野党すら、3月末には民主党の言いなりになっていました。
期限切れギリギリではありましたが、福田首相が一般財源化の方向を示した時点で、野党はその議論を真面目に取り扱うべきでした(そもそも民主党はある時点では一般財源化を主張していた)。今まで道路族の抵抗にあって誰も公言できなかったことですから、たいへん画期的なことだったのですが、マスコミは自民党内の異論を面白おかしく取り上げるばかりで、理論的に評価しようとするところはありませんでした。千載一遇のチャンスだったのに。

国債残高が550兆円もあり、CO2削減が遅々として進まない(というか増えている)、そんな国で燃料にかかる税金を下げるなんてことがあっていいのでしょうか?
ガソリン税の減税は車に乗らない人には直接的なメリットはありません。しかし、食料品の値上げは万人に影響することで、そもそもその原因の一部は自動車燃料の浪費にあるのです。
そういうことも考えると、ガソリンが安くなったからと言って単純に喜べないと思うのですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます!

P307HDiさん、はじめまして

おっしゃるとおりですね、単純には喜べません!
TVなどで「ガソリン安くなって良かった」的なことを
コメントしている人には…???ですね。

環境税的なものの導入も必要でしょうし、それを有意義に使うことも必要ですね。


ブログ拝見させていただきました。
よろしければまた遊びに来てください♪


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://somatch.blog92.fc2.com/tb.php/28-4a4f18d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。