スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイラミノーをようやく… 


ジャッカルの静乱ミノー(セイラミノー)って、春に発売でしたよねぇ?


某ヤフオクでは定価の倍以上の高値が付いてたりしますが…


店頭で見かけましたか?(笑)


フィッシングショーではアンモナイトシャッドと共にジャッカル新製品の目玉のひとつとされ
雑誌でも大きく取り上げられて大注目の製品ですよね

開発者の山木さんのJB・NBCでのトーナメントの好成績を支えるマネーベイト的存在で、
〔動かないルアー〕という1つのジャンルを新たに築き上げ、そのあたりも注目されています




さて、そんなセイラミノーですが先日たまたま立ち寄った釣具店で発見!

しかも…
HLキンクロ / ゴーストアユ / シラス / コットンシャッド とカラー4色も有り!


大人買いは出来ないので(笑) どれか一色を…



普段の私的カラーセレクトでは、上記だとゴーストアユかシラスなんですが、
下の写真のコットンシャッドをチョイス♪
こんな感じのパッケージだったんですね?(笑)

IMG_8313_convert_200909100032241.jpg




実はセイラミノー、店頭で見かけたのはコレがはじめてでしたが、手元に2本あります♪


IMG_8316_convert_200909100033192.jpg

↑セイラミノー55S チャートバックパール
コレは、河口湖の八杭ワンドの水深1.5mからサルベージしました(笑)
リアフックのパラシュート部分が腐っていたので適当なものに交換済み





そして…↓
IMG_8318_convert_200909100034183.jpg

↑セイラミノー70S HLキンクロ
コレは、芦ノ湖のおおばボートで手伝いをしているときにお客さんに譲ってもらいました♪





セイラミノーを使った感じですが…

〔イイトコロ〕
・単純に釣れるところ
 下手なアクションをせず、投げて巻くだけ(?)で魚を寄せて釣れる
・サイズのわりには飛ぶところ
 キャスト時の抵抗となるリップがないのと重心移動でサイズの割には飛距離がでる
・着水から手元までルアーが見えるところ
 水面直下を泳ぐのでルアーの軌道やバスのバイトが目で見える


〔ダメなトコロ〕
・引き抵抗がほぼ無いところ
 だから〔泳がないルアー〕なんですと言われそうですが、ノーカンジですね
・ライントラブルが多発するところ
 ルアーに巻き抵抗がないのでどうしてもテンションの弱い状態でラインがリールに巻かれ
 ライントラブルが多発!ラインの素材や太さを工夫すれば大丈夫なんでしょうか?
・魚のサイズが選べない?ところ
 ナチュラルなエサっぽいせいか、元気な子バスやギルからバイトしてくるように思います




使い始めたばかりのセイラミノーですが、結構なお気に入り♪

一軍ルアーボックスに常駐は間違いないですね♪







トラウト用やシーバス用の発展もあるようで、今後のセイラミノーの発展に期待です!

○○を付けてみたり、もっと○○にしてみたり、○○してみたりもいいかと思いますよ♪






さて、普段の私的カラーセレクトではゴーストアユかシラスをチョイスなんですが、
なぜコットンシャッドをチョイスしたかというと…


このルアーは「目で見えること」が大事だと思います


このルアーがどこを泳いでいるのか?水面からどの程度潜っているのか?
バスは追ってきているのか?またそのサイズは?(サーチベイト的に)

などなど、私自身クリアウオーターで使う機会が殆どのせいか、重要に思います



なので、ゴーストアユやゴーストワカサギなどのナチュラル系のカラーよりも
チャートバックパールやコットンシャッドなどの確認しやすいものの方がイイかと思います
(ただし、メタリック系のカラーより透けているカラーの方が私は好きです)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://somatch.blog92.fc2.com/tb.php/74-438d75a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。